特定商取引法表示 個人情報保護 リンク お問合せ 会社案内
Logo
MenuL Home Shop Salon Usage Recommendation Guide Contact About

MenuTop
MenuShampoo
MenuConditioner
MenuFinishing
MenuOil
MenuMisc
MenuBtm

SearchTop

MenuBtm
CartTop


カート内の商品数:0個

アカウントへログイン
MenuBtm

クロネコwebコレクト
取り扱いクレジットカード
spacer
FacebookTop
MenuTop
MenuBtm

Ultima
spacer




犬種別使用方法 : パピヨン(Papillon)


犬種 : パピヨン (Papillon)

使用方法
コートのカラーや状態に合わせてシャンプーを選びますが、コートに輝きを与えたいときにはオールパーパスシャンプーを使用し、コートを柔らかくしたいときにはナチュラルコンディショニングシャンプーを使用してください。そしてコートの白い部分を真珠のような白さにしたいときにはホワイトニングシャンプーを使用します。ブリーチ剤は含まれていません。これらのシャンプーを1に対しぬるま湯5〜10の割合で調節して使用してください。シャンプーをするときにできるだけ泡を少なく、細かくするようにして洗うとコートの静電気を抑えることができます。

そしてシルクプロテインコンディショナーを1に対しぬるま湯10を目安に薄めたものを使用してください。ショーとショーの間の手入れではコンディショナーの代わりにシーブリーズオイルを使用することもできます。シーブリーズオイル2プッシュを2Lのぬるま湯を目安に薄めてよく混ぜて使用してください。(シャワーの圧で拡散させると良いです。)コートに健康的な輝きと潤いを与え、ダメージを防ぐことができます。このオイルはマツヨイグサやキンセンカオイルなどの自然な植物でできています。

コートがかさばっているときにはドライング前にブロードライクリームを使用してください。これをティースプーン1杯に対し500mlのぬるま湯で薄めたものをスプレーするか、直接コートに浸透させてください。そしてコートをストレートにしたいときにはスウィッシーコートをティースプーン1/2杯に対し250ml〜500mlのぬるま湯で薄めて使用してください。

胸やお尻のコートにもっとボリュームが欲しいときには、ボリューマイジングクリームをテーブルスプーン1杯に対し250mlのぬるま湯で薄めたものを使用してください。

コートの短い部分をドライングするときにはメトロアンチスタティックブラシを使用し、長い部分はピンブラシで毛向きに逆らってブラッシングしながら3/4くらいまで乾かし、残りをポーキュパインブラシ(1/2獣毛、1/2プラスチック)でスムーズに仕上げます。



ショーの日には、白い部分をカバーするためにカバーアップクリームをわずかに湿らせたスポンジでかるくたたくようにしてつけ、その上からチョークをつけて、乾いたらブラッシングをして余分なチョークを落とします。

コートが乾燥していたり風が強い日には、静電気やコートのもつれを防ぐためにプロテイトバームを少量手に取りコートに馴染ませてください。コートを油っぽくしないので、1日にくり返し使用することができます。

仕上げにコートに輝きを与えるためにピクシーダストをブラシに軽くふりかけ、トップラインなどを毛向きに逆らってブラッシングし、コートの中にパウダーがとどまり輝くようにします。スポットライトや太陽光をとらえると輝きます。

そしてシャインアンドコームを少し離したところからスプレーしてさらに輝きを与え、消臭効果のあるフレグランス、オドーモンチャーをスプレーして爽やかな香りを与えます。

戻る
footer